ドローンは難しくない①/初心者が抑えるべきポイント

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

「ドローンを始めたい」「ドローンを飛ばしてみたい」

「ドローンって免許いるの?」など、

初心者の方は分からない事だらけだと思います。

そういう私も、最初は何から手を付ければよいのか見当もつきませんでした。

そこで、最低限初心者が知っておきたい点や、確認事項を簡単にまとめてみました。

これからドローンを始める方の一助になれば幸いです。

 

 

1.ドローンを飛ばすには免許や資格が必要?

 

答えはノーです。

自動車やバイクなどを運転する場合は、運転する車種に見合った免許を

取得する必要がありますが、ドローンにはそういった免許や資格制度はありません。

 

◆補足

通常、いわゆるトイドローンやコンシューマー向けの機体は「2.4GHz帯」

使用しているため、無線に関する資格は必要ありませんが、操縦するドローンが

使用している周波数によっては資格が必要になってきます。

具体的には周波数「5.8GHz帯」を使用している機体では「アマチュア無線技士」

「5.7GHz帯」を使用する産業用ドローンなどは「陸上特殊無線技士」の資格が

必要になります。

また、ドローンレースで見かけるFPVゴーグルの殆どは「5.8GHz帯」を

使用しているため。この場合は「アマチュア無線技士」の資格が必要になります。

 

 

2.ドローンの重量が結構大事

 

よく目にするのが機体重量「200g未満」などと書かれたドローンです。

この200gがキーポイントで、これにより「航空法」で規制されるか

されないかの線引きになります。

具体的には200g以上の機体は「無人航空機」に区分され、「航空法」の

規制の対象となります。

また、200g未満の機体は「模型型航空機」に区分され「航空法」の規制をうけません。

 

◆補足

200g未満の「模型型航空機」等でも空港周辺の空域と150m以上の空域では

規制を受けますので、注意が必要です。

 

3.そもそも「航空法」ってナニ?

 

ドローン(無人航空機)を飛行させるには「航空法」に気をつけなければなりません。

「航空法」とは国土交通省=国が定めている飛行ルールです。

「航空法」では、飛行禁止区域を定めており許可を受けないと

飛行させることができません。

逆に、飛行申請して許可を受ければ飛行させることが可能となります。

では飛行禁止区域(申請を必要とする空域)を確認していきましょう。

 

※国土交通省HPより引用

 

◆無人航空機の飛行の許可が必要となる空域

 

また、飛行するにあたり飛行禁止区域(DID地区)を地図上で

確認することもできます。

※国土地理院「地理院地図」

 

 

その他、飛行場所に関わらず「無人航空機」を飛行させる場合、守らなければ

ならないルールが以下になります。

 

◆無人航空機の飛行の方法

ただし、「5」~「10」に関しては事前に「地方航空局長」の承認を

得れば飛行することが可能となります。

 

<承認が必要となる飛行方法>

 

 

4.その他のドローン規制

 

「小型無人機等飛行禁止法」により、国の重要施設の周辺の飛行が

規制されています。また、自治体によっては公園などを飛行禁止にした

独自の条例などもありますので、注意が必要です。

※自治体では特に、東京都や大阪府が積極的のようです。

 

5.まだある、飛行に関する注意点

 

航空法や小型無人機等飛行禁止法、自治体の条例以外にも

気をつけなければならないのが、土地の所有者(管理者)

から許可を受ける必要です。

例えば国や市町村が所有している土地なら各関係機関、

私有地ならその管理者などを確認し、許可を得る必要が

あります。

 

 

編集後記

みなさん、いかがでしたか?

実際にドローンを飛行させるために抑えておきたいポイントを

まとめましたが、都市部へ行けば行くほど飛行させる場合に

ハードルが高い印象です。

実際、山形県へ移り住む前は規制の壁を越えることが困難だと

感じ、飛ばそうなんて一切考えてませんでしたから。

 

なのでまずは「国土地理院地図」でお住まいの近隣の状況を

確認し、飛行させたい場所の規制状況によっては少し面倒ですが、

然るべき機関へ必要な申請をし、許可を得て飛行させることが

脱法行為とならない為の、一番の近道かもしれません。

 

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ