【ドローン】

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

みなさまこんにちわ。

hima-jinです。

今日は最近趣味にしている「ドローン」について

書いてみたいと思います。

 

「ドローン」の一般的なイメージ

みなさんは「ドローン」と聞いて、どんな連想(想像)を

されますか?

「空飛ぶアブナイやつね」「墜落して迷惑かけるやつね」とか、、、

結構マイナスイメージが先行するのではないでしょうか。

そもそもそんなイメージを持たれるきっかけになったであろう

事件があります。

 

最近ですと2019年11月に広島県呉市にある

海上自衛隊 呉 地方総監部上空を小型ドローンで

飛行したとして「小型無線機等飛行禁止法違反」で

男が書類送検された事件がありました。

※海自施設上空にドローン、男を書類送検

 

2015年には「首相官邸無人機落下事件」があり、

かなりテレビ報道されたので記憶にある方も

おられるでしょう。

※首相官邸無人機落下事件

 

首相官邸事件は、ただ墜落しただけならそれほど大ごとには

ならなかったのかもしれませんが、問題を大きくしたのは

「セシウムを含んだ福島の砂」が搭載されていたことです。

世間的にはある種「テロ行為」に映ってしまい「ドローンは

危険なものだ」とのイメージが先行するきっかけになったの

かもしれません。

また、この事件をきっかけに政府も対応策として「航空法」や

「ドローン規制法」などを本格的に整備するトリガーに

なったのかもしれません。

 

あまり一般的ではありませんが、「ドローン」を軍事利用している

国が存在しているのも事実です。

 

「ドローン」の大きな可能性

悲観的かもしれませんが、世間では「ドローン」に対して

マイナスイメージが先行している気がしてなりません。

それに対して「ドローン」が秘めている可能性は大きいとも

感じています。

実際、「ドローン」をビジネスに活用している分野が

多数あります。

 

一例を挙げますと、

■空撮

■監視・点検

■測量

■農業

 

空撮や農業は知ってる人も多いかもしれませんが、

点検、測量なんかで「ドローン」を活用している事実を

知らない人も多いと思います。

余談ですが、測量は学生のバイトでやったことがあるのですが、

思い機材を抱えて移動しながら測量するのは

大変な重労働でした。今では「ドローン」を使って

比較的手間が掛からず測量できてしまうようです。

 

 

そう、アイデア次第で可能性は拡がるのです。

普段の仕事の中で、「こうなったらいいのに」を

「ドローン」に置き換えることで、新しい

ビジネスが生まれてくるかもしれません。

 

あとがき

法人として「ドローン」を飛ばす時は必然ですが、

個人が趣味の範囲で飛ばす場合でも関連法規を

よく理解して、その範囲でのみ飛行させることが

重要だと思います。

それが世間に「ドローン」が受入れられる

大切な部分だと感じています。

 

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

タグ:   

カテゴリ:ドローン 

ページの先頭へ